News & Topics

Category
Archive

Tag

2024.01.10
ニュースレター

APCG通信vol.11 「APCG2024大会会場視察,国際シンポジウム」

#APCG通信 #Asia-Pacific Conference on Giftedness #アジア太平洋ギフテッド教育研究大会

【アジア太平洋ギフテッド協議会代表理事によるAPCG2024大会会場視察と国際シンポジウムが行われました】

2024年8月に日本で開催予定の第18回アジア太平洋ギフテッド教育研究大会(The 18th Asia-Pacific Conference on Giftedness: APCG 2024)は、アジア太平洋ギフテッド協議会(Asia-Pacific Federation on Giftedness: APFG)を母体とし、隔年開催される大会です。

2023年12月9-10日にかけて、APFG代表理事のProf. Ching-Chih Kuo (National Taiwan Normal University)、Dr. Man Tak Yuen(The University of Hong Kong)、Dr. Quek Chwee Geok(Ministry of Education, Singapore)、 Prof. Kyungbin Park(Gachon University, South Korea)、Dr. Jae Yup Jared Jung(The University of New South Wales)が大会会場である香川県高松市を訪れ、会場視察と国際シンポジウムを開催しました。APFGの代表理事で大会実行委員長である愛媛大学の隅田先生、実行副委員長の香川大学の林先生、お茶の水女大学の千葉先生、そして実行委員会委員の香川大学の藤澤先生、神戸大学のラッシラ先生、静岡大学の黒田先生、愛媛大学の留学生がホストとして参加しました。

代表理事のメンバーは、香川大学にて「International Symposium on Teacher Training and Professional Development for the Education of the Gifted and Talented in the Asia-Pacific Region」をテーマとして各国の状況やそれぞれの専門領域からの具体提言を発表し、議論を行うと共に、SSH校である高松第一高等学校を訪問し、日本の先端的な理数教育環境を見学しました。また、うどん作りを行ったり、フェリーに乗って小豆島を訪れ、文化体験も楽しみました。天候に恵まれ、充実した2日間となりました。